大手消費者金融が銀行の傘下に入った背景とは?消費者金融と銀行グループの関係を徹底解説!

 

はじめてお金を借りる場合、多くの人が選択肢の一つにするであろう大手消費者金融。

 

アコムやプロミス、SMBCモビット…現在、そのほとんどは銀行の傘下となる銀行系消費者金融です。

 

消費者金融と銀行、ライバルともいえる二者が組むことで何が変わったのかでしょうか?

 

ここでは消費者金融が銀行の傘下に入った理由と、その関係性について解説していきます。借入先を選ぶ際の参考にもなる情報、是非ご覧ください!

 

 

銀行系消費者金融と銀行カードローンの違いとは?

銀行系消費者金融と聞くと「銀行カードローンと何が違うの?」と思うかもしれません。

 

銀行カードローンは、銀行が個人向け融資として扱っている商品です。

 

三菱UFJ銀行の「バンクイック」など、大々的な宣伝効果で本家の銀行よりも目立っているカードローンもありますね。

 

今やメガバンクはもちろん、地方銀行でも個人が気軽に利用できるカードローンを扱っています。

 

銀行系消費者金融は、銀行の傘下になった消費者金融を指します。冒頭でも記した通り、大手消費者金融のほとんどが銀行系になっているのです。

 

会社名 所属銀行グループ
アコム 三菱UFJフィナンシャル・グループ
プロミス SMBCグループ
SMBCモビット
レイクALSA(アルサ) 新生銀行グループ
ノーローン
ジェイスコア みずほ銀行グループ

 

上の表にのっていないアイフルのみが独立系で頑張っている印象をうけますが、銀行系消費者金融になっても機能的には消費者金融であることに変わりはありません。

 

消費者金融と銀行カードローンは、一般的には「金利」と「審査の厳しさ」に違いがあると認識されています。

 

確かに銀行カードローンの方が低金利ですが、その違いが実感できるのは高額融資の場合です。少額の利用であれば、金利もさほど変わりません。

 

審査に関しても「銀行が厳しく、消費者金融は緩い」といえるほどの違いはないでしょう。

 

決定的な違いは、属する法律が違うことです。

 

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法に則って融資を行っています。

 

この2つの法律の大きな違いは「総量規制」が適用されているか否か、という点です。

 

年収の1/3を超える貸し付けを禁止する総量規制は貸金業法にのみ適用されています。

 

銀行系消費者金融も例外なく総量規制が適用されるので、銀行グループであっても年収の1/3以上を借りることはできません。

 

この総量規制こそが、消費者金融と銀行カードローンの違いなのです。

 

総量規制について詳しく知りたい方は

アコム

大手消費者金融が銀行の傘下に入った背景とは?消費者金融と銀行グループの関係を徹底解説!

  • 金利:3.0%~18.0%

アコムは利用者数NO1!迷ったときはアコムがおすすめ!
大手消費者金融が銀行の傘下に入った背景とは?消費者金融と銀行グループの関係を徹底解説!

アイフル

  • 金利:3.0%~18.0%

今一番勢いのある消費者金融がアイフルです。利便性も抜群!
大手消費者金融が銀行の傘下に入った背景とは?消費者金融と銀行グループの関係を徹底解説!

SMBCモビット

大手消費者金融が銀行の傘下に入った背景とは?消費者金融と銀行グループの関係を徹底解説!

  • 金利:3.0%~18.0%

WEB完結なら電話確認なし!SMBCグループだから信頼度も抜群!
大手消費者金融が銀行の傘下に入った背景とは?消費者金融と銀行グループの関係を徹底解説!

 

消費者金融が銀行の傘下に入ったのはなぜ?

消費者金融が属する貸金業者の数は、昭和が終わる頃の1980年代後半にピークを迎えていました。

 

1986年には最多の47,504あった貸金業者は、2018年には1,770と激減しています。

 

40,000を超えるピークの後、徐々に減少しながらも30,000~20,000の数をキープしてきましたが、2006年前後に20,000を切った後は大幅に減少していったのです。

 

貸金業者の衰退を招いた理由は、一体なんだったのでしょうか?

 

グレーゾーン金利による過払い金請求!

現在、金利に関しては二つの法律によって上限金利が規制されています。

 

それは、金銭消費者を過剰な利息の搾取から守るために制定された「利息制限法」と、出資の受け入れ及び預り金、金利など規制する「出資法」です。

 

現在、利息制限法と出資法はともに上限金利を20.0%としています。

 

しかし、2010年6月17日以前は利息制限法の上限金利が20.0%だったのに対し、出資法では29.28%と大きな差がありました。

 

上限金利を超えた利息に罰則があるのは出資法のみ、そこで多くの消費者金融は利息制限法の上限金利を無視して20.0~29.28%の金利を適用していたのです。

 

その、曖昧かつ違法な金利の幅は「グレーゾーン金利」と呼ばれ、多くの借金返済に苦しむ人を作る元凶となっていたのです。

 

この問題に対し、最高裁はグレーゾーン金利を違法とする判決を2006年1月に下しました。

 

この判決によって、グレーゾーン金利で搾取された利息は過払い金請求をすれば返還されることになったのです。

 

そういった経緯によって、2010年6月には出資法も改正され現在の上限金利となっています。

 

この過払い金請求の返還により、多くの消費者金融は大幅な赤字になる大打撃を受けました。

 

小規模な消費者金融は軒並み廃業していき、減少の一途をたどって現在に至っているのです。

大手消費者金融の生き残り対策!

打撃を受けたのは、小規模な消費者金融だけではありません。

 

大手消費者金融も返還額が数兆円規模に上るところもあり、深刻な経営難に陥ったのです。

 

廃業を免れるためにとった対策、それが銀行グループの傘下に入ることでした。

 

銀行の存在は、消費者金融にとっては正に救世主ですね。しかし、なぜ銀行は廃業寸前の赤字企業に手を差し伸べたのでしょうか?

 

次の項では、消費者金融と銀行それぞれの思惑についてみていきます。

 

消費者金融と銀行は持ちつ持たれつの関係!

消費者金融にとって、銀行グループの傘下になることは廃業を免れるだけではありませんでした。

 

バックグラウンドが銀行」という、消費者に向けての信頼をアピールすることにもなったのです。

 

そして銀行にとっても消費者金融を抱き込むことに、多くのメリットがありました。

 

銀行が主とするのは企業への融資ですが、バブル期以降は貸付額も減少して収益が伸び悩んでいたのです。

 

そうなれば個人向けの融資に力を入れたいところですが、少額融資のノウハウが不十分なために思うような利益が得られていませんでした。

 

消費者金融を傘下に入れることにより個人向け融資のノウハウを得たことで、銀行カードローンの体勢が一気に整い躍進したのです。

 

さらに、保証会社を消費者金融に託したことも大きなメリットとなりました。

 

保証会社は、融資の返済が無い場合に代位弁済をするのが仕事です。

 

代位弁済の後は消費者金融に債権が移行するため、銀行は回収業務を行わなくてすみます。

 

また、利用者は保証会社である消費者金融の審査も受けるため、消費者金融のみが保持している信用情報とも照らし合わせることができます。

 

銀行にとっては、的確な与信判断で貸し倒れを防ぐ効果にもなりました。

 

そして、消費者金融にとっても保証業務という新たな仕事を請け負うことができたため、双方にとっていい結果となったのです。

 

このように、消費者金融が銀行の傘下になったことで、お互いがその恩恵を受けているのです。

 

保証会社について詳しく知りたい方は

 

銀行系消費者金融は利用者にもメリットが多い!

「消費者金融が銀行の傘下に入り銀行系消費者金融が増えた」と聞いてもピンとこないかもしれませんが、実は利用者も様々なメリットを受けているのです。

 

銀行カードローンの種類が増え審査スピードも増したこと、消費者金融の提携ATMが増えたこと、それら全ては一連の背景が影響しています。

 

最近は気軽で便利にお金を借りれるところが増えた、と実感している人も多いでしょう。

 

また、銀行カードローンを利用する時に保証会社をチェックしてみることもおすすめします。

 

もし、消費者金融で審査に通らなかったので銀行カードローンに申し込む場合、保証会社が同じ消費者金融だと審査落ちする可能性が高いので気をつけてくださいね!

 

 

キャッシング大全オススメの消費者金融&銀行カードローン

プロミス

とにかく即金!即日融資!今すぐ借りれるのはココ!

とにかく即金!即日融資!今すぐ借りれるのはココ!

プロミス

・金利:4.5%~17.8%

・限度額:1万円~500万円
・融資スピード:最短1時間

・金利:4.5%~17.8%

・限度額:1万円~500万円

・融資スピード:最短1時間

消費者金融,銀行,関係,グループWEBや自動契約機なら平日・土日問わず21時まで最短1時間の審査で融資可能。初回30日間無利息サービス実施中!
女性の方はレディースプロミス!

大手消費者金融が銀行の傘下に入った背景とは?消費者金融と銀行グループの関係を徹底解説! 大手消費者金融が銀行の傘下に入った背景とは?消費者金融と銀行グループの関係を徹底解説!


大手消費者金融が銀行の傘下に入った背景とは?消費者金融と銀行グループの関係を徹底解説! 大手消費者金融が銀行の傘下に入った背景とは?消費者金融と銀行グループの関係を徹底解説!

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

・金利:1.9%~14.5%

・限度額:10万円~800万円
・新規入会でもれなく楽天ポイント1,000ポイントプレゼント!
・ローンの借り換えも可能

・金利:1.9%~14.5%

・限度額:10万円~800万円

・新規入会でもれなく楽天ポイント1,000ポイントプレゼント!

・ローンの借り換えも可能!


消費者金融,銀行,関係,グループ下限金利1.9%は業界トップクラス!
楽天市場を使う人や楽天ポイントをためている人にオススメ!ユーザー満足度の高いカードローン!


大手消費者金融が銀行の傘下に入った背景とは?消費者金融と銀行グループの関係を徹底解説! 大手消費者金融が銀行の傘下に入った背景とは?消費者金融と銀行グループの関係を徹底解説!


大手消費者金融が銀行の傘下に入った背景とは?消費者金融と銀行グループの関係を徹底解説! 大手消費者金融が銀行の傘下に入った背景とは?消費者金融と銀行グループの関係を徹底解説!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

消費者金融関連コンテンツ

少額なのに低金利借り入れの裏ワザ

毎月の家計をやりくりするのに銀行カードローンを利用している人は多いです。給料が入ったらそのまま全額返済、そしてまた足りなくなった分だけ借り入れ…。銀行なら消費者金融より低金利ですし、何より便利ですよね。銀行カードローンは確かに低金利ですが、今やそれを上回る低金利の消費者金融も登場しています。2016...

» 続きを読む

アメリカの消費者金融って年利390%ってホント?規制が求められるペイデイローンと...

アメリカの消費者金融「ペイデイローン」って何?アメリカにも「ペイデイローン」という消費者金融がありますが、その性質は日本とはまったく異なります。日本の消費者金融や銀行系カードローンは、安定収入があれば、ある程度まとまった額を、一度に借り入れることができます。ですがアメリカのペイデイローンは、クレジッ...

» 続きを読む

消費者金融の金利の設定って各社で違うの?金利の相場や知っておきたい知識について解...

利便性とそのサービスに定評がある大手消費者金融ですが、その営業時間は24時間ではありません。夜中に借入したい、または週末にお金を即日で借りたい、そんな場合は申込方法を考えて審査に臨む必要があります。今回は人気のある大手消費者金融の営業時間をまとめていきたいと思うので、それぞれの緊急度に合わせた申込の...

» 続きを読む

なぜ最近の消費者金融は○○銀行のグループが多いの?

消費者金融と銀行がタッグ!どのようなメリットがあってグルーブになっているの?2010年の貸金業法の改正により消費者金融は高金利の貸付を禁止され、過払い請求の支払いなどによって消費者金融の経営が悪化し、中小企業の消費者金融などは倒産が相次ぎました。銀行も融資の利用者が減り、利益が大幅に減少していたため...

» 続きを読む

消費者金融とヤミ金は別モノですよ!

誤解が選択肢を狭くする!消費者金融はあくまで合法な金融機関消費者金融と聞くと「怖い」や「ヤクザが取立てに来る」というイメージがある人もいるでしょう。サラ金という言葉もありますが、昔に使われていた言葉でサラ金は消費者金融の事なのです。消費者金融=闇金と思っている人も多く、消費者金融と闇金は全く別物とい...

» 続きを読む

キャッシングで借りたお金の金利交渉ができるって本当?

既存の借金の金利を下げられる?金利交渉ができる噂は本当?金利交渉ができる噂は本当のようです。金融業者は多重債務者になった人に対して債務整理をされ自己破産にでもなってしまえば借金を回収する事が出来なくなってしまうので、このような事態を避けるために金融業者の方から金利を下げる交渉を持ちかけられることもあ...

» 続きを読む

消費者金融の取り立ては怖い?取り立て今昔物語

夜討・朝駆けや会社押しかけは当たり前!実際にあった怖い取り立て取り立てと聞くとイメージするのがTVドラマのような怖い人たちが家や会社に来て取り立てたり、拉致や監禁など恐怖を与えるような取り立てを思い浮かべませんか。実際にそういう取り立てもあったそうで、家族や友人までにも取り立てに来て、精神的にも追い...

» 続きを読む

2019年ゴールデンウィークは10連休&改元の境目!各金融機関の営業日程と改元対...

すっかり春めいてまいりました今日この頃。いよいよ平成最後であり令和最初のゴールデンウィークが迫ってきましたね。2019年のゴールデンウィークは過去最長の10連休となっています。しかも5月1日からは改元もあり、例年とは違ったざわつきを感じます。そんな10連休ですが、各金融機関の営業は当然ながらお休みで...

» 続きを読む

消費者金融から200万円を借りられる?総量規制と審査の高い壁を解説

申し込んだら即日で融資をしてもらえる消費者金融は便利な存在です。しかし消費者金融から200万円もの金額を借りるのは、以下の2つの壁をクリアしなければいけません。かなり厳しいハードルを乗り越えなければいけないのです。総量規制の壁審査の壁この記事では消費者金融から200万円を借りるために必要な条件や方法...

» 続きを読む

消費者金融のアプリを使いこなそう!スマホアプリならではのメリットを解説

アコムやアイフルなどの大手消費者金融で利用できる「アプリ」についての解説記事です。消費者金融アプリを使いこなせば、利用手続きが楽になったり、返済が順調に進んだりといった多くのメリットが得られます。どの消費者金融でアプリを利用できるのかアプリはスマホのみ使用可能?タブレットやパソコンからは使えない?消...

» 続きを読む

消費者金融で100万円を借りる方法|審査に通るための条件と毎月の返済金額を解説し...

消費者金融のメリットの1つは即日融資も可能という借り入れまでのスピードですが、まとまった金額を借りたいという場合でもしっかりと対応可能です。ただし、「数万円だけ借りたい」というときと比べて、審査基準は確実に高くなるので注意が必要です。また、100万円を超えるような高額借入の場合には、より慎重に返済計...

» 続きを読む

永久保存版!安心して利用できる消費者金融一覧!大手から中小規模の貸金業者まで

消費者金融選びは嫁選びに例えられることもあります。つまりそれに失敗してしまうと、良質なカードローンライフを送れなくなり、返済もままならないという状況にもなりかねないのです。ここではそんな消費者金融選びに失敗しないため、絶対オススメできる優良消費者金融だけを集めてご紹介していきたいと思います。今すぐお...

» 続きを読む

消費者金融の借入を全額返済しよう!その手順からメリット・デメリット、注意点まで解...

消費者金融の借入額を、一括で返済しようとする方はそこまで多くはないと思います。しかしいざ全額返済可能な額になったら、なるべく早急に一括で返済することをおすすめしています。ここではそんな気になる全額返済の手順、メリット、デメリットからその注意点までをまとめていきたいと思うので、絶賛カードローン利用中の...

» 続きを読む

消費者金融の増額審査を受けて借入限度額をアップするには?

消費者金融を利用している人の中には、急な出費が重なってしまって今の限度額では足りないと悩んでいる人もいると思います。そのような場合には、限度額を増額してみてはどうでしょうか?ただし、限度額を増額するには増額審査を受けなければなりませんし、増額審査に通過するにはそれなりの条件を満たしていなければなりま...

» 続きを読む

消費者金融は学生でも審査に通る?カードローン・学生ローン利用時の注意点を解説

学生であっても普段の生活の中でお金が必要なシチェーションはたくさんあります。ただ、学生のアルバイトだけだと自由に使えるお金が限られており、預貯金も少ないでしょう。そんなときには消費者金融を利用すれば、お金を借りることが可能です。消費者金融はテレビCMなども行なっており知名度が高いため、名前を聞いたこ...

» 続きを読む

消費者金融でお金を借りるなら返済方法が重要!期日に返せないときの対処法も紹介

消費者金融からお金を借りるとき、審査にばかり目がいってしまいますが、借りた後のこともしっかりと考えておきましょう。消費者金融には様々な返済方法があるので、自分にとって都合の良い方法を選択することが大切です。また、返済方法や金利について正しく理解すれば、何も考えずに返済していくよりもずっと利息の負担を...

» 続きを読む

消費者金融で5万円を借りたい!借入条件や返済シミュレーションまで徹底解説!

「急に5万円の支払いが必要になった…」「給料日まであと数万円あれば乗り切れる」このような時に便利なのが消費者金融です。申し込みも簡単で、審査にも時間がかからないので、すぐにお金を借りることができます。しかし、いくら手軽に借入できるとはいえども、利息や返済額がどのくらいになるか知らずに申し込むのは危険...

» 続きを読む

消費者金融で60万円~90万円借りたい!審査通過に必須となる年収基準や提出書類を...

消費者金融のカードローンは即日融資にも対応しており、「今日中にお金が必要!」、「明日までにお金を借りたい!」というニーズにもしっかりと応えてくれます。ただ、希望する借入金額が大きくなると審査基準は厳しくなるため、希望通りの借り入れができない場合もあります。とくに、10万円単位で考えた場合には、50万...

» 続きを読む

消費者金融で借入をしている債務者が死亡!残った借金はどうなる?家族は借金を相続す...

テレビでも多くのCMが流れており、かつてはなかなか拭えなかった消費者金融のマイナスなイメージが少しずつクリーンになってきているように感じます。そのため、消費者金融の借入を利用する人も増加傾向にありますね。こんなご時世ですから、病気や事故で亡くなってしまった人に借金があることが発覚してもおかしくはあり...

» 続きを読む

大手消費者金融が銀行の傘下に入った背景とは?消費者金融と銀行グループの関係を徹底...

はじめてお金を借りる場合、多くの人が選択肢の一つにするであろう大手消費者金融。アコムやプロミス、SMBCモビット…現在、そのほとんどは銀行の傘下となる銀行系消費者金融です。消費者金融と銀行、ライバルともいえる二者が組むことで何が変わったのかでしょうか?ここでは消費者金融が銀行の傘下に入った理由と、そ...

» 続きを読む

消費者金融から300万円借りたい!その利用条件から難易度まで徹底検証してみた

消費者金融はスピードとその利便性の高さが自慢、ならば300万円もサクッと融資してほしい、という方もいることでしょう。今回は300万円をキーワードにその融資の可能性から、その利用条件を徹底検証!果たして消費者金融で300万円の融資を受けることは可能なのでしょうか?人気の消費者金融はどこ?気になる方はこ...

» 続きを読む