債務整理のすすめ
おすすめ相談先任意整理個人再生自己破産過払い金請求管理人室

任意整理、司法書士と弁護士どちらに委任した方がいいの?

 

借金の返済に困り任意整理をしたいと考えたとき、多くの方は代理人を立てることになります。代理人は債務者の代わりに債権者との交渉をおこない、任意整理の成立にむけて動いてくれます。
この場合、代理人として弁護士と司法書士、どちらに頼むべきかと迷う方がいるかもしれません。任意整理の場合には、どちらに委任する方が良いのでしょうか。

 

そもそも、弁護士と司法書士の違いとは?

 

では、そもそも弁護士と司法書士は何が異なるのでしょうか。

 

・弁護士とは?

弁護士は、基本的にあらゆる法律トラブルに対処できる専門家です。
弁護士になるためには難しい弁護士試験に合格し、司法研修所を卒業しなければなりません。弁護士であれば、すべての訴訟の代理人を担当することが出来ます。

 

・司法書士とは?

司法書士は、司法書士試験に合格することで就ける仕事です。
主な仕事は弁護士のサポートで、登記や供託といった仕事をおこないます。
司法書士は弁護士とは違って、基本的には訴訟の代理人にはなれません。

 

 

司法書士でも任意整理手続きの代理人になれるようになった!

 

2003年の司法書士法改正により、司法書士に示談交渉権、簡易裁判所代理権が認められ、これにより弁護士だけでなく司法書士でも任意整理手続きの代理人を務めることが出来るようになりました。(ただし、法務省の認定を受けた認定司法書士に限ります。)

 

司法書士は、法律改正前から債務整理に関する書類の作成などをおこなっていたため、弁護士よりも債務整理が得意な司法書士も存在します。

 

 

弁護士と司法書士、どちらに委任するのが良い?

 

そこで本題に入りますが、果たして任意整理は弁護士と司法書士どちらにお願いするのが良いのでしょうか。
結論としては、「弁護士にお願いするほうが確実で安全」です。
確かに、弁護士よりも司法書士にお願いする方が相談費用は安いこともあるのですが、その代わり、任意整理を司法書士にお願いするにあたっては、いくつかの制限があるのです。

 

司法書士は140万円以上の借金には対応できない

 

司法書士には「140万円以下の借金にしか対応できない」という縛りがあります。
仮に借金が140万円を超えていた場合、司法書士は交渉・訴訟などの手続きをおこなうことが出来ません。
そのため、「当初の計算では借金は140万円以下だったのに、よく調べたら140万円を超えていた」というケースでは、その後の手続きを自分で進めるか、あるいは新たに弁護士に依頼しなおす必要が出てきます。
これが最初から弁護士に相談していれば、借金の金額を問わず代理人を務められます。

 

また、任意整理の進捗によっては、債権者側と複雑な訴訟にもつれ込む恐れもあります。この場合、権限が部分的である司法書士よりも、あらゆる法律トラブルに対応できる弁護士の方が、柔軟な行動が期待できます。

 

以上のことを踏まえると、任意整理は司法書士ではなく、弁護士にお願いするのが確実と言えるでしょう。

 

弁護士と司法書士の決定的な違いとは?

 

任意整理の事例からメリット・デメリットをきちんと学ぶ

 

金無和也オススメの弁護士事務所!

借金を減らしたいならプロに相談!
東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所
任意整理、司法書士と弁護士どちらに委任した方がいいの?フリーダイヤル:0120146386


・家族や会社にバレない安心感
・相談は何度でも無料
・土日・全国対応だから便利
・闇金も債務整理OK
・メールでも匿名で相談可能
・着手金は2万円と格安
(任意整理・闇金対応の場合)

1人で悩まない!まずは無料で弁護士に相談しませんか?↓

任意整理、司法書士と弁護士どちらに委任した方がいいの?任意整理、司法書士と弁護士どちらに委任した方がいいの?

任意整理の関連記事一覧

【借金減額は罠?】任意整理の成功事例・失敗事例からメリット・デメリットを徹底解説

昨今「借金が減額できる」と聞くと何か罠があるのではと思う方もいるかもしれませんが、債務整理なら着実に借金を減らすことができます。ただ減額はできるものの、ケースによってはメリットが大きい場合とそうでない場合があるため、今回は任意整理をした場合の事例からメリットの大きい・少ないケースをみていきましょう。...

» 続きを読む

任意整理のスケジュールと費用

任意整理の大まかな流れ任意整理は大まかに下記のような流れで進んでいきます。1.弁護士に任意整理を委任します。2.任意整理を請け負った弁護士は、債権者に対して「受任通知」を送付します。これにより、債務者に対する借金の取り立ては停止されます。またこの際に、債権者に対して過去の取引履歴の開示を要求します。...

» 続きを読む

金無和也の一問一答~任意整理の疑問篇~

金無和也の一問一答~任意整理の疑問篇~ 任意整理って失敗することありますか?任意整理は債権者との示談(話し合い)で負担を軽減する債務整理方法です。債権者側が話し合いに応じない、合意しないということがあると裁判にまで発展します。その際に司法書士に依頼しているとそれ以上手出しができなくなり、失敗する事が...

» 続きを読む

任意整理中は法律的に強制執行を止めることができるのか?

借金を滞納し続けていたら給与が差し押さえられてしまった…なんとかして強制執行を止められないだろうか、という事態に陥ったとき、任意整理で執行を止めることはできるのでしょうか。まずは強制執行に至るまでの流れを簡単に説明します。⇒任意整理とはどんなこと?特徴や詳細を学ぶ■借金を滞納していたら裁判所から支払...

» 続きを読む

任意整理を弁護士に相談するメリットは?

任意整理は個人再生や自己破産とは異なり裁判所を通さない私的な交渉です。そのため、弁護士などに頼まず自分だけで交渉することも可能ではあります。ただ、弁護士にお願いすれば、さまざまなメリットが得られます。果たして弁護士に任意整理を相談するとどうなるのでしょうか。■債権者に「受任通知」が送られる弁護士が債...

» 続きを読む

任意整理後に早期完済する場合の注意点について

任意整理をした後にお金に余裕が出来たとき、和解で決まった期限よりも早くに借金を完済することは許されるのでしょうか。■借金の早期完済は特に問題ではない退職金や資産の相続などによって、お金に余裕が生まれたとします。このとき、任意整理をおこなった借金を早期完済することは問題になるのでしょうか。結論としては...

» 続きを読む

任意整理の返済期間はどれぐらい?

任意整理後の返済スケジュールを考えるときには、いったいどれくらいの期間で借金を完済できるようにすればよいのでしょうか。⇒任意整理の申込みスケジュール詳細はこちらで確認■一括返済と分割返済返済期間を考えるうえでまず大切なことは、一括返済か分割返済かの選択です。・一括返済一括返済をするためには、一度で借...

» 続きを読む

任意整理の手続きに必要な書類一式とは?

任意整理をしたいと思っても、必要な書類が多くて手続きが難しそうと躊躇することもあるかと思います。そこで、任意整理の手続きに必要な書類一式を説明します。■債権者一覧表任意整理の手続きに欠かせないのが債権者一覧表です。債権者一覧表とは、どの債権者から、いつ、どれだけの借金をしたのかがまとめられた書類のこ...

» 続きを読む

借金を払えない無職や無収入の人が任意整理を行うには?

借金を抱える理由は人それぞれです。会社をリストラされたり、病気で働けなくなったりと、さまざまな事情でお金を借りざるを得ない状況に追い込まれることはあります。借りたお金は返さなければなりませんが、無職であったり収入が無かったりする場合は、返済が難しくなり、債務整理を考えることもあると思います。では、無...

» 続きを読む

任意整理、司法書士と弁護士どちらに委任した方がいいの?

借金の返済に困り任意整理をしたいと考えたとき、多くの方は代理人を立てることになります。代理人は債務者の代わりに債権者との交渉をおこない、任意整理の成立にむけて動いてくれます。この場合、代理人として弁護士と司法書士、どちらに頼むべきかと迷う方がいるかもしれません。任意整理の場合には、どちらに委任する方...

» 続きを読む

任意整理で一括返済すれば借金総額を減額することができる?

任意整理をした後に、残りの債務を一括で返済すると借金の元金が減額されるというのは本当でしょうか。もし本当なら、なぜ貸金業者はそのような交渉に応じてくれるのでしょうか。一括返済をすると借金が減額される…?任意整理をする際に、「残りの借金を一括で返済するかわりに、借金の元金を減額してほしい」という交渉を...

» 続きを読む

住民税などの滞納税金を任意整理する事は可能か?

借金の返済に追われている方にとって、税金を支払うこともなかなか難しい問題だと思います。果たして、住民税などの滞納税金を任意整理の対象とすることは出来るのでしょうか。■税金は任意整理できるのか?結論から言えば、税金を任意整理の対象とすることは出来ません。税金は法律で「非減免債権」とされており、債務整理...

» 続きを読む

債務整理の中でも任意整理は住宅ローンや車ローンを残せるの?

債務整理のなかでも、任意整理であれば住宅や車を失わずに済むというのは本当でしょうか。逆に、個人再生や自己破産のときに住宅や車を守ることは出来ないのでしょうか。任意整理なら住宅や車を失わずに済む!債務整理をおこなう場合、住宅や車など失いたくない財産を守るためにはどうすれば良いのでしょうか。住宅や車を守...

» 続きを読む

借金が380万円の場合。個人再生と任意整理のどちらを選ぶ?自己破産との違いは?

##個人再生:任意整理##債務整理の中には、任意整理、個人再生、自己破産とありますが、どの方法を選ぶかという決まった基準はありません。借金の額や債務者の状況に応じて、弁護士や司法書士と相談しながら決めていく事になるでしょう。極端に多額の借金で、到底返済は無理であれば迷わず自己破産を選びます。自己破産...

» 続きを読む

任意整理の情報はいつまで保持される?ブラックリストの期間

##任意整理:ブラックリスト##借金が返せなくどうにもならなくなってしまった時、債務整理という方法があります。債務整理には自己破産、個人再生、任意整理という種類があり、その中でも裁判所などの公的機関を通さずに債務整理を出来る任意整理が一般の方には一番利用されることが多いです。任意整理というのは代理人...

» 続きを読む

任意整理をするデメリットとは?日常生活に与える影響について

##任意整理:デメリット##任意整理は債務者が借金の負担を軽減し人生を再スタートする制度であり、次のようなメリットが有ります。借金が減額できる(基本は金利の帳消し)借金を帳消しに出来る(過払い金が債務額を上回る場合)取立てや催促を止めることができるなどのメリットがありますが、同時にデメリットもあるこ...

» 続きを読む

教員が任意整理しても学校にばれない?周りに内緒にするために気を付けること

##任意整理:バレない:教員:専業主婦##債務整理を行う場合、教員などの職についていると周りに知られたくないのでなかなか相談すらできないということがあると思います。しかし、債務整理も個人再生や自己破産など裁判所を通すようなケースでなければばれることはありません。任意整理であれば、官報に載ることもない...

» 続きを読む

過払い金がない借金400万を任意整理するとしたら?実際どれくらいまで減額される?

任意整理とは債務整理の種類の一つになります。任意整理は裁判所を通さずに債権者との合意のもと3年(長くて5年)の返済計画で返済していくものとなります。任意整理を行うとそれ以降の利子の免除、住宅はそのままの状態で残せる(住宅ローンもそのままになる。)などのメリットがあります。しかし、任意整理で借金そのも...

» 続きを読む

任意整理に強い弁護士を探す!法テラスで弁護士を紹介してもらうには?

##任意整理:弁護士##任意整理の弁護士選びの失敗しないためのポイント任意整理は裁判所を通さないで借金を整理することができるので、官報にも載ることはなく、第三者に知られることはありません。任意整理は弁護士に依頼すると貸金業者などと直接やり取りする必要がないため、債務者にとっては一番負担が少ない債務整...

» 続きを読む

任意整理は裁判所関係ないって知ってた?任意整理の流れを紹介

##任意整理:裁判所##債務整理というと、官報に載ったりするので状況がひどくてもなかなか相談できないというケースが少なくありません。しかし、意外と知られていないのがそのなかでも任意整理は裁判所を通さないということです。任意整理の場合、裁判所は関係ないので官報に載ることはありません。もちろん、信用情報...

» 続きを読む

ショッピングのリボ払いを任意整理するメリットはある?金利だけでない任意整理のメリ...

最近はショッピングのリボ払いを任意整理するという人も増えてきているようです。確かに、司法書士事務所や弁護士事務所でショッピングのリボ払いの任意整理を行なう事はできます。しかし、この事にはメリットもデメリットもありますので、その点を良く理解しておくことは重要です。まず、リボ払いの任意整理をするメリット...

» 続きを読む

150万円の任意整理をしたい!司法書士にもお願いできる?

任意整理とは、債権者と返済の方法や返済金額について交渉し、支払いが可能になるような今よりもいい条件で合意を成立させる手続きの事です。債務整理の中でも最もよく利用される手続きで、裁判所への関与もなく、自己破産や個人再生のように面倒な手続きもありません。利息制限法による引き直し計算を行い、減額後の債務を...

» 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 
無料電話相談
今すぐ相談したい方はこちらからフリーダイヤルで岡田法律事務所に無料相談